13. アバター:ウェイ・オブ・ウォーター (2022)

神秘な惑星パンドラを舞台に、人類とパンドラの先住民のDNAを組み合わせるアバター・プロジェクトを取り巻く物語を描いた『アバター』の続編。前作から約10年後の物語を、ジェームズ・キャメロンが監督、脚本、製作で続投し、サム・ワーシントンが主人公である元兵士のジェイクを、ゾーイ・サルダナが先住民の女性ネイティリを引き続き演じる。

監督:ジェームズ・キャメロン
出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガニー・ウィーヴァー、スティーブン・ラング、クリフ・カーティス

アバター:ウェイ・オブ・ウォーターのあらすじ

神秘的な惑星パンドラで、アバター・プロジェクトに参加した元兵士のジェイクはパンドラの一員となった。そしてジェィクは先住民のネイティリと結ばれ、子どもにも恵まれて幸せに暮らしていた。しかし、再びパンドラに足を踏み入れてきた人類によって神聖な森を追われてしまう。そこで彼らは未知なる存在である海の部族のもとへ身を寄せることを決めるが、やがてそこにも人類の侵略の手が忍び寄る。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 03. ランボー/怒りの脱出 (1985)

  2. 07. Point Break (1991) : ハート・ブルー

  3. 06. ターミネーター2 (1991)

  4. 08. True Lies (1994) : トゥルーライズ

  5. 11. Avatar (2009) / アバター

  6. 12. アリータ: バトル・エンジェル (2019)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。